お知らせ一覧


2020/06/15
新役員について

6月11日に理事会評議員会にて役員の改選が書面決議され、
次の方々が評議員、理事、監事に就任いたしましたのでお知らせいたします。

【評 議 員】https://www.yamanohi.net/proposer3.php
衛藤 征士郎 衆議院議員 超党派「山の日」議員連盟 会長
今井 通子  医 師 NPO法人森林セラピーソサエティ前理事長
尾上  昇  公益社団法人日本山岳会 元会長
水野 正人  ミズノ株式会社 相談役会長
尾形 好雄  公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会 専務理事
鹿野 勝彦  金沢大学名誉教授
丸川 珠代  参議院議員 元環境大臣 超党派「山の日」議員連盟 議員連盟幹事長
武田 健二  コランダム・イノベーション(株)共同創業者取締役 
       元理化学研究所理事
羽田 雄一郎 参議院議員 元国土交通大臣 超党派「山の日」議員連盟 副会長
青柳 正規  多摩美術大学理事長 元文化庁長官
城﨑 建太郎 弁護士

【理事・監事】 https://www.yamanohi.net/proposer4.php
会 長  谷垣 禎一 前衆議院議員、公益社団法人日本山岳ガイド協会 会長
副会長  安藤 宏基  日清食品ホールディングス株式会社 代表取締役社長・CEO
副会長  橋本 岳  衆議院議員 厚生労働副大臣
副会長  務台 俊介  衆議院議員 超党派「山の日」議員連盟 事務局長
副会長  小林 政志  公益社団法人日本山岳会 前会長
副会長  八木原圀明 公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会 会長
理事長 代表理事 
  梶 正彦  タタ・コンサルタンシー・サービシズ・ジャパン㈱前会長
常務理事 中村 達  特定非営利活動法人日本ロングトレイル協会 代表理事
常務理事 手塚 友惠  公益社団法人日本山岳ガイド協会 理事
理 事  加藤銀次郎 一般財団法人自然公園財団 上高地支部 所長
理 事  佐野 忠則  公益社団法人日本山岳会 公益法人運営委員長
理 事  三木 健一  株式会社インテリジェントウエイブ取締役
           元大和証券常務取締役副管理本部長(システム部門等担当)
理 事  渡邉 雄二  元独立行政法人日本スポーツ振興センター国立登山研修所長
監 事  吉川 正幸  公認会計士 日本山岳会高尾の森づくりの会代表
監 事  長谷川臣介 公認会計士

2020/06/15
鹿野 勝彦新著『ヒマラヤ縦走―「鉄の時代」のヒマラヤ登山』のご案内

本会評議員、鹿野勝彦氏の著書『ヒマラヤ縦走―「鉄の時代」のヒマラヤ登山』が6月3日に発売されました。
ぜひご覧になってください。

2020/06/09
『デザインのつかまえ方』

「山の日」記念全国大会のロゴマークをデザインした小野 圭介さんが、書籍を執筆しました。
ロゴデザイン40もの事例の中には、「山の日」記念全国大会のロゴマークが開催地のこどもたちと一緒につくりあげる様子も紹介されています。
ぜひご覧になってください。

『デザインのつかまえ方 ロゴデザイン40事例に学ぶアイデアとセオリー』
小野 圭介 著
本体 2000円(税別)


小野 圭介
デザイナー
ONO BRAND DESIGN 代表
https://ono-brand-design.com/about

2020/06/09
マンガで知ろう! 森林(もり)の働き  森林づくり

林野庁では、森の働きについて、マンガで分かりやすく伝えています。
ぜひご覧ください。

https://www.rinya.maff.go.jp/j/kouhou/kouhousitu/manga.html

森林の働き・マンガ編

森林の働き・イラスト編

お山ん画(林野庁情報誌「林野-RINYA-」特別号)

漫画で学ぶ森林・林業・木材産業の魅力

2020/06/09
林野庁情報誌「林野-RINYA-」

林野庁では毎月情報誌「林野-RINYA-」を発行しております。
4月号に「わたしの美しの森フォトコンテスト」の特集記事が掲載されました。
詳しくは以下のホームページをご覧ください。

林野庁情報誌「林野-RINYA-」令和2年4月号
https://www.rinya.maff.go.jp/j/kouhou/kouhousitu/jouhoushi/0204.html

林野庁
http://www.rinya.maff.go.jp/index.html

2020/06/02
第5回「山の日」記念全国大会 開催延期のお知らせ

今年8月に開催を予定しておりました第5回「山の日」記念全国大会(大分県)は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、その開催を1年延期することとなりました。
これに伴い、来年8月に開催する予定でした第6回「山の日」全国大会についても、その開催が1年延期されることとなります。

現行 → 変更
第5回「山の日」記念全国大会(大分県) 2020年8月 → 2021年8月開催
第6回「山の日」全国大会(山形県) 2021年8月 → 2022年8月開催

ご期待をいただいておりました皆様におかれましては、こうした事情による両大会の順延について、ご賢察のうえどうかご理解いただけますようお願い申し上げます。

第5回「山の日」記念全国大会(大分県)https://oita-yamanohi2020.jp/
第6回「山の日」全国大会(山形県)http://yamagatayama.com/

2020/05/29
山岳スポーツ愛好者の皆様へのお願い/山岳四団体発信

2020年5月25日、政府の緊急事態宣言全面解除を受けて、山岳四団体より声明文書が配信されましたのでご紹介します。


政府の緊急事態宣言全面解除を受けて
山岳スポーツ愛好者の皆様へ

 本日(令和2年5月25日)、政府は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の全面解除を発表しました。国民、そして山岳スポーツ愛好者にとっては待ちに待った宣言解除です。山岳スポーツ自粛をお願いしてまいりました山岳四団体として、自粛要請の重要性をご理解いただき、ご協力くださいました皆様に厚く御礼申し上げます。
 自粛解除後の山岳スポーツ再開にむけて基本的なガイドライン(指針)を下記に示しました。より詳細なガイドラインにつきましては自治体、所属の山岳団体、山岳会等のガイドラインを参考にしてください。ガイドライン遵守は、山岳救助関係者、医療関係者、山域圏内の住民、そして山岳スポーツ仲間への相互感染を防ぎ、予想される第二次感染症拡大防止に貢献します。
 全面解除を受けてもコロナウイルス感染の危機は常に存在します。
 引き続き皆様のご理解とご協力をお願いいたします。



「自粛」要請解除後の登山・スポーツクライミング活動ガイドライン
感染させない、感染しないために

1. 近距離(100km圏内程度)でできるだけ都道府県を跨がない日帰り登山から始めましょう。

2. 体調不良(平熱を超える発熱、悪寒、倦怠感、息苦しさ、咳等)での登山は止めましょう。入山後にコロナ感染発症すると命に関わり、救助隊、収容先地元医療機関に多大の迷惑を及ぼします。

3. 登山は、少人数で行いましょう。(パーティーは、当面5名以内で。)

4. 自粛期間中、季節や地震による山容の変化、登山道の荒廃など思わぬ危険が潜んでいます。十分な登山ルートの下調べと地図、コンパスの持参、登山届けは必ず提出し、家族にも残しましょう。

5. 登山中でもマスクを着用しましょう。マスク着用時は、熱中症及び脱水には十分留意し、こまめに水分摂取を心がけましょう。

6. 登山、クライミングジムでのソーシャルディスタンスを守りましょう。
一般的には2メートル前後ですが、登山中の場合は、さらに距離が必要と言われています。また、クライミングジムでは建屋構造、利用人数等で制限がありますので、ジムの指針に従って行動してください。
咥えロープ、滑り止めなどもジムの方針に従ってください。

7. 登山山域内での買い物や、下山後の呑み会等も地元住民への感染防止の観点から控えてください。食材、飲料、緊急食などは出発前に揃えておきましょう。

8. 自粛中に衰えた筋力、体幹を鍛えましょう


 今回の世界的新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延により、社会構造、経済が大きく変化し、それに対応する新しい生活様式の確立が必要になりました。登山もスポーツクライミングも新しい視点からの活動指針が必要です。
 山岳四団体でも皆様方のご協力を得ながら、安心で安全な山岳スポーツの再興を目指し努力してまいります。
 自粛期間中の皆様のご協力に重ねて厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。


【山岳四団体】
公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会
日本勤労者山岳連盟
公益社団法人 日本山岳会
公益社団法人 日本山岳ガイド協会

2020/05/29
山小屋を応援しよう! 支援事業のご案内

登山者の安全と安心を提供する山小屋。
そんな山小屋を、みんなで応援する支援事業がありますのでご紹介させていただきます。

◎山小屋エイド基金
https://motion-gallery.net/projects/yamagoya-aid

◎山小屋支援プロジェクト
https://readyfor.jp/projects/yamagoya

2020/05/26
【大分県】竹田市にある扇ヶ鼻(1,698m)

\「山の日」記念全国大会in大分/
2020年「山の日」記念全国大会が行われるくじゅう連山。

第5回「山の日」記念全国大会実行委員会のアドバイザーでもある九電みらい財団様が主催しておりますInstagramフォトコンテストの写真をご紹介します!

大分県竹田市にある扇ヶ鼻(1,698m)はくじゅう連山の中部に位置しています。6月になるとミヤマキリシマが一面咲き誇ります。特に山頂付近から東に伸びた台地に群生するミヤマキリシマは圧巻で、花を間近に観察できます。
【九電みらい財団 第1回Instagram フォトコンテスト 金賞】
撮影者:o_chan78
撮影場所:扇ヶ鼻(おうぎがはな)

※大分県では、感染拡大防止対策の継続を要請しています。今後の登山にあたっては、新型コロナウイルスの感染拡大防止、登山の安全確保のために、下記の点にご注意ください。
① 発熱や風邪症状などがある方は、登山を自粛してください
② 他のグループとの間隔(できるだけ2m〔最低1m〕)を空けてください
③ 山頂での滞在時間を短くしてください
④ 避難小屋は緊急時以外に使用しないでください
⑤ 登山計画書を作成してください(登山届を提出してください)  

なお、大分県民の方に、5月31日(日)までの間、県域を越えた不要不急の移動を自粛するよう要請していますが、県外在住の方については、お住まいの都道府県からの要請を踏まえて行動していただきますようお願いします。

2020/05/26
【山形県】令和元年度やまがた百名山フォトコン作品集を公開しました

山岳情報ポータルサイト「やまがた山」に、令和元年度「やまがた百名山Instagramフォトコンテスト」の作品集のページが開設されました。
全国の山に行けない方々、山形にいらっしゃれない方々にもぜひご覧いただき、素晴らしい作品の数々を、ぜひ御堪能ください。

本来であれば、より多くの方に「やまがた百名山」に実際に足を運んでいただき、その魅力を実感していただきたく思います。
しかし、県境を越える往来を控えていただく状態であったり、避難小屋を従来どおりに使っていただけない状態が続いているのが現状です。
一日も早く、今までのように県内外の皆さんが思い思いの形で「やまがた百名山」を楽しんでいただくことができる日が来ますように。

▲▲▲令和元年度「やまがた百名山Instagramフォトコンテスト」の作品集のページ
http://yamagatayama.com/?page_id=11785
▲▲▲山形県山岳情報ポータルサイト『やまがた山』
http://yamagatayama.com/
▲▲▲インスタグラムでは「やまがた百名山」の魅力を発信中!
https://www.instagram.com/yamagatayama/