ご挨拶 会長 谷垣禎一

会 長 谷 垣 禎 一

10年ほど前、「山の日」を作ろうと立ち上がった民間団体の皆さまが、「山の日」制定協議会を構成し、祝日制定への取り組みを開始しました。そこに、超党派「山の日」制定議員連盟(現在の超党派「山の日」議員連盟)による法案提出の準備が連動し、さらには賛助会員の皆様からのお力添えもいただき、2014年5月に国民の祝日「山の日」は制定されました。

現在の「全国山の日協議会」は、国民の祝日「山の日」の制定と周知に力を注いできた前団体からの出資により、2016年4月1日に設立された一般財団法人です。このように人々を突き動かしてきた魂、「山と自然への想い」こそが、実はこの財団の真の財産と言えましょう。
これまで、毎年8月11日の祝日「山の日」に「山の日」記念全国大会の開催、全国「山の日」フォーラムの開催、山の日マガジンの発行、各地で開催される「山の日」関連行事への協賛・後援などを通じて、国民の皆さまに「山の日」の意義を認知していただけるよう努力をしてまいりました。
こうした財産と暖簾が存分に運用・活用され、前団体から託された志を継承していきたいと切に思っております。

2020年春、設立から4年を経て任期満了による役員の改選を行いました。その後、新たな体制のもとで、組織改革と公益法人化の準備、各種催事への協賛・後援の拡充、積極的な広報戦略の展開などを当面の課題とし、そのいくつかにはすでに着手しているところです。
国民の生活に密着する具体的な諸問題、たとえば子どもたちが自然体験をする機会の減少への対策、地域活性化、森林と水資源の保全、山と自然の安全と防災など、多くの課題解決に向けて、財団の活動をさらに活発化させねばならないことは明らかでございましょう。まさにこれからが本番なのです。

このたびホームページのリニューアルをひかえ、私自身のこれまでの人生のなかで「山と自然に親しむきっかけとなったこと」や「山の日への関わりあい」、「車椅子の生活となって考えたこと」などについてお話をいたしました。よろしければご一読ください。

「海の日」とともに「山の日」を祝日とする国は、我が国以外に例を見ません。この祝日が、国民の皆さまお一人お一人が山や自然に思いを寄せ、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝すること」の契機となることを願っております。


※谷垣禎一のインタビューはこちらからご覧ください。


山の日アンバサダーリレーエッセイ

なすび

山が苦手な山の日アンバサダー
僭越ながら私が、まさか“山の日アンバサダー”に任命される事になるなんて、十年前には想像すら出来ませんでした。
奇しくも今月、3月11日で東日本大震災から丸十年が経過します。
私の故郷福島県を含む、岩手県と宮城県を中心に未曾有の大災害に見舞われて、多くの尊い命が奪われ、更に福島県は原発事故という過酷な被害にも襲われました。
今も尚、復興半ばの被災地も多く、現状としては、まだまだ様々な応援が必要不可欠だと実感しております。

私が登山と関わるきっかけは、十年前の東日本大震災でした。
お金や物だけではない復興の応援の形を模索していく中で、私なりの応援の形として、福島と東北に、元気と勇気、夢と希望を届けたい、良いニュースで被災地に笑顔を増やしたい、そんな想いと願いから、登山未経験の私がエベレスト登頂を目指すという挑戦を思い立ちました。
無謀で荒唐無稽な挑戦だとの誹りや、売名行為、便乗商売との批判や非難も受けましたが、運良く、山の日アンバサダーの近藤謙司さんに出会う事が出来て、全くの登山ド素人ながらもその御指導を仰ぎ、伊藤伴君らと一緒に2016年5月19日に、四度目の挑戦で世界最高峰の頂に辿り着きました。

さて、そんな山とは無縁だった私ですが、この話題に触れると、山の日協議会の皆様から諭されたりするのですが、私は山が好きか嫌いか問われると、正直に嫌いと答えてしまいます。
そんな人間が山の日アンバサダーを務める事に違和感があるかも知れませんが、それでも、そもそも登山に興味を持って始めた人の全員が全員、最初から山が好きな人ばかりではない気も致します。
あくまで持論なので、決して偉そうな事を言う気は毛頭御座いませんが、山の楽しみ方も十人十色、千差万別で良いのではないでしょうか?
勿論、絶対に守らなければならない最低限のルールやマナーはありますが、初心者の方が、登山とはこうあるべきみたいな固定観念を押し付けられてしまう事で、登山に堅苦しさや苦手意識等の先入観を覚えてしまう可能性も否めません。
私自身、敢えて嫌いな事や苦手な事に挑戦する事にも意味や価値があると思えていて、更に人間は失敗を通して多くの事を学び、成長出来ると確信しています。
そういった事を踏まえつつ、私にとって、エベレスト挑戦で得られた経験は、何にも代え難い貴重な財産になっていると自信を持って、胸を張って言い切れます。

私は、同郷の大先輩の田部井淳子さんが続けてこられた、東北の高校生の富士登山に、2016年以降、サポートで参加しています。
登山経験者もいますが、中には、全くの登山未経験者もいるので、高校生達が富士山に挑む姿を間近で見ていると、無事に登頂し下山した後の、その成長振りに、一日で人間はこんなに顔付きが変わるのかと毎回驚かされます。
そんなこんなで、私は、例え肩身は狭くても、唯一の?山が苦手な“山の日アンバサダー”として、登山未経験者や初心者と同じ目線で、これからも私なりに登山の魅力や、山の楽しみ方を発信していきたいですし、福島と東北の応援活動を地味でも地道に続けて参ります。
 ※以前公開したエッセイはアンバサダーページでご覧いただけます。



「山の日」を知ろう(4)

 
船村徹先生と「山の日」
船村徹先生との最初の出会いは、2002年(平成14年)に、私が脱サラをして東京から塩谷町に移住してすぐの頃であった。ご縁があって「船村徹ふるさと会」に入会させて頂き、先生の酒席にお招きに預かり、直接先生の謦咳に接する機会をしばしば頂戴した。

2011.1.22 船村徹先生との新春懇談(塩谷町、漁楽荘)会


当時から栃木弁(塩谷弁)での語り口は、豪放磊落で自然への敬愛と人への愛に溢れた「臨場感」溢れる話しっぷりであった。(但し当初は時々判別できない言葉も・・・) お母様からいつも「でれすけ」と呼ばれ、叱咤激励されながら、船生村(塩谷町船生)の自然を、弱い者をかばいつつガキ大将として走りまわっていたこと、東洋音楽学校での生涯の友、早世された髙野公男さんと出会って「『俺は茨城弁で作詞するから、お前は栃木弁で作曲しろ』という言葉が、高僧の教えの様にいつも自分を導いてくれる」と語られたこと、ロンドンのオーディション会場で意見を求められた時「あの隅っこに居る、汚らしい4人組が良いのでは・・・」と答え、それがなんと後の『ビートルズ』で「『ビートルズ』を発掘したのは俺だ」と自慢げに語られていたことなど、多くの印象深いお話しを伺った。

小学校時代からの先生の終生の友「船村徹ふるさと会」谷畑方夫会長によれば、船村徹先生は、子供の頃から「美的感性」が優れており、村の背後にそびえ、遊びの舞台となっていた高原山など、自然への愛と畏敬の念が非常に強い方だったと述べられている。そして「子供の頃に感性を磨くことの大切さ」を主張されており、幼いうちから山や自然と親しむことの大切さを強調されていたとのことであった。
 
2013.6.2「『山の日』をつくろう!栃木集会」


そんな船村先生は常日頃から「『海の日』があるのだから『山の日』も作ろう、『海があんのに山がねえ~』、山・川・海がつながって豊かな風土と産業が育ち、日本人の自然への感性も磨かれる。山と川と海は一体のものだ」と語られ、2008年9月に地元の下野新聞に『「山の日」をつくろう』との論説を寄稿し、『太古から信仰的にも実生活的にも人類にとっては「山海一体」であった(中略)今こそ日本国民が心をひとつにまとめて、「山の日」をつくり、国民の祝日とさだめ、おおいに、「山海の友情」を厚くしようではないか」と、「山の日」の祝日化を強く訴えられたのも当然のことと言えよう。

かつて船村先生が弊店「風だより」にお越しになり、手打ちソバを召し上がられた折の写真が掲示されているが、写真の先生はソバをほおばりながら「『山の日』を大切にし、日本の皆が自然に親しみ、自然に感謝する心を持ち続けて欲しい」と語られているように感じている。

次は「川の日」も・・・などと冥途で考えられているかもしれないと思うのは、私の考え過ぎだろうか?
 
手打ちそばを召し上がる船村徹先生        昭和名水百選、尚仁沢湧水   

全国山の日協議会会員
「船村徹ふるさと会」会員
水野雅章(栃木県塩谷町在住)

 ※「山の日を知ろう!シリーズ」はこちらのリンクからご覧いただけます。

  

山の日ネットワークリポート

「山の日」 第3回糸魚川世界ジオパーク「子ども登山教室」

公益社団法人日本山岳会 越後支部 知野勇人

越後支部では「山の日」の記念事業として、糸魚川市の山域で「子ども登山教室」を実施している。

子ども登山教室は主に小学生を対象に「次世代を担う子どもたちに山の自然に親しむ教室を提供することで、子どもたちが豊かな自然の素晴らしさやその自然を守り育てていくことの大切さに気付くこと」を目的とし、平成29年の第1回から、参加した子どもたちの成長に合わせながら登山の標高を高めて、5カ年計画で展開している。

第3回目となる本年は、亜高山帯から高山帯での自然観察と本格的な夏山登山体験とし、蓮華温泉(1475m)から天狗の庭(2093m)を経て白馬大池(2380m)までの往復を実施した。

8月1日、糸魚川市根知・大神堂区公会堂にて、参加する子どもたちと保護者、桐生恒治実行委員長をはじめ運営スタッフを含めた32名が参加して事前学習会を実施した。学習会では総括リーダーである靏本(つるもと)修一自然保護委員長が、資料として作成した記録ノートを用意し、靏本氏よりスライドを上映しながら登山エリアである蓮華ジオサイトの魅力と登山コースの紹介。そして、コース上の自然観察ポイントが説明された。また、後藤正弘氏からは服装や持ち物、山のマナーや携帯トイレの使用、自然保護の注意点などを説明した。最後に、当日の班ごとに分かれ、自己紹介や情報交換で交流を図り仲間づくりを行った。

開催日前日の8月10日、運営スタッフが根知・岳修山荘に集い、当日の日程説明と役割分担、行動の注意点等の最終チェックを行った。特に安全確保の体制や緊急対応について重点的に協議した。

「山の日」の8月11日は、期待通りに絶好の登山日和となった。今回の参加者は子ども12名、保護者5名。運営スタッフは本部、各班のリーダーと支援、救護、応援支援の22名である。

子どもたちが蓮華温泉に到着し、すぐに靏本総括リーダーから運営スタッフに子どもたちの体調チェックやトイレへの誘導などの声が掛かる。子どもたちは全員元気な様子で硬い緊張感は感じられない。蓮華温泉ロッジ前の広場に全員が集合し開会式を行った。桐生実行委員長の挨拶の後、応援スタッフの糸魚川消防署の丸山優氏の紹介、準備運動、記念撮影を行う。

8時45分過ぎに、参加者は4班に分かれて出発した。第4班は低学年児童の班なので天狗の庭までの往復である。ダケカンバの繁る中をゆっくりと登り始める。シラカバとダケカンバの特徴の違いが判る子どももいて、事前学習会でしっかり学んできているようである。徐々に温泉の噴気地帯からの白煙が遠くになる。適時に休憩し熱中症の予防として水分の取り方に気を配る。登山コースの難所と思われた急斜面のトラバースもスムーズに通過し、最年少の1年生女子も元気に登っている。

11時頃には中間地点の天狗の庭に到着した。展望が開けて目の前に雪倉岳や朝日岳が大きくそびえる。子どもたちは初めて見る展望を写真に収めていた。登り始めは殆ど会話が無かった子どもたちも慣れてきたのかお喋りをするようになる。オオシラビソやコメツガの木々が香る中を順調に登り続ける。木々の香りで身体がリフレッシュするようである。スタッフが「いい香りだね。」と班の子どもたちに話しかける。ハイマツ帯になり、羽毛状になったチングルマが一面に広がる開けた場所に出た。班によって時間差はあったが、12時半を前後して全員が白馬大池に到着できた。

大池周辺は登山者で賑わい、山荘のキャンプサイトは色とりどりのテントが立ち並んでいた。子どもたちは周囲の賑わいの中で素早く昼食をとり、班ごとに記念写真を撮影して、散策を楽しむ時間も無く白馬大池を後にした。

子どもたちは積極的に花々の写真を撮るようになってきた。下山開始後はスタッフの前を先に歩くようになり、少し余裕が出てきた様である。すれ違う登山者との挨拶もしっかりと交わして、基本的なマナーを自発的に守るようになってきた。天狗の庭での休憩時には、ムシトリスミレの葉に手で触れて観察することができた。ここまでは疲れを見せなかった子どもたちも、その後の下山では足取りに乱れが出るようになった。子どもたちにとっては、初めての登山体験だから無理もないことである。子どもたちの様子を見ながら適宜、休憩をとり、スタッフがいたわる言葉を掛けながらゴールを目指す。出発から約7時間、心配された熱中症も高山病も無く、全員が無事に蓮華温泉に到着した。予定時刻を超えていたため慌ただしく着替えを済ませ閉会式となった。 小林勇副実行委員長の挨拶の後、参加者と運営スタッフがお互いにお礼の挨拶をして解散となった。

初めて2300mを超える本格的登山を体験した子どもたちの感想は一人一人様々であろうが、この登山教室の一日が夏休みの大きな思い出となり、自分の生まれ育った郷土の山の素晴らしさを感じ取ってくれたと思う。

次回第4回は蓮華温泉で一泊して経験を積み、最終第5回目は新潟県最高峰の小蓮華山(2766m)を目指す登山を予定している。私は、成長した子どもたちの笑顔を見ながら再び一緒に登りたいと願っている。

長い一日をよく頑張った子どもたち、一生懸命に付き添っていただいた保護者の皆様、糸魚川消防署の丸山氏、市民応援スタッフの小山加代氏、蓮華温泉ロッジの皆様、準備万端整え実行した運営スタッフの皆様に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

この文章は著者である公益社団法人日本山岳会越後支部の知野勇人さんのご承認により、 日本山岳会会報「山」2019年9月号より転載させていただきました。

●公益社団法人日本山岳会 越後支部 親子登山
http://jac.or.jp/echigoshibu/oyakotozan-list/archive.html
●公益社団法人日本山岳会 会報「山」バックナンバー
https://jac1.or.jp/document/yama_back_number

越後支部第3回子ども登山教室

 ※山の日ネットワークリポートはこちらのリンクからご覧いただけます。
  



山の日からのお知らせ 

2021/05/07
『子供たちアウトドア画像
2021/05/07
『子供たちアウトドア画像
2021/05/03
【静岡県】海洋ゴミ専用のゴミ箱を設置
2021/05/01
中央アルプスのライチョウ復活事業〜環境省の取り組み
2021/05/01
『子供たちアウトドア画像』募集
2021/05/01
八十八夜は縁起がいい
2021/04/27
第30回みどりの感謝祭 山の日アンバサダートークショーのご紹介です!
2021/04/27
【長野県】子どもクライミング教室
2021/04/25
書家今井香子さん「山はふるさと」の作品を寄贈
2021/04/24
【茨城県】色とりどりのチューリップ
coutacut with us
山の日協議会instagram
山の日協議会Twitter
山の日協議会facebook
第5回山の日記念大会
第6回山の日記念大会
山の日マガジン
ただ今会員募集中

 

アンバサダー

 

オフィシャルパートナー

味の素株式会社
株式会社ゴールドウイン
日清食品ホールディングス株式会社
株式会社マツモトキヨシホールディングス

 

特別賛助会員

味の素株式会社
株式会社アドベンチャーガイズ
アルピコホールディングス株式会社
株式会社石井スポーツ
OMC株式会社
AUTHENTIC JAPAN株式会社
キリンホールディングス株式会社
株式会社好日山荘
株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン
株式会社ゴールドウイン
東海旅客鉄道株式会社
東京山岳ガイド協会
日清食品ホールディングス株式会社
日本勤労者山岳連盟
公益社団法人日本山岳会
日本山岳救助機構合同会社
公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会
株式会社マツモトキヨシホールディングス
株式会社モンベル
株式会社ランドウェル