お知らせ一覧


2019/10/07
【栃木県塩谷町】ふるさと高原山を愛する集い2019 開催の報告

“ふるさとを思い、高原山山麓での保全活動をみんなで考えよう”の活動趣旨で、「ふるさと高原山を愛する集い」が令和元年9月29日(日)に栃木県塩谷町の「尚仁沢はーとらんど」で開催され、環境保全活動に関心のある方など約80名が参加しました。

当日は見形和久会長(塩谷町長)から「高原山麓の環境保全活動は塩谷町だけで出来る話ではない。今日の集いから出た話を具現化していきたい」とあいさつ。
矢板市の齋藤淳一郎市長からは「高原山を愛する想いは皆さんと変わらない。地方創生として、高原山麓の埋もれた資源は森林・緑だと思う。国有林、県有林一緒になってアイデアを出しあい、まちづくりに活かしていきたい」と祝辞をいただき、当会会長の谷垣禎一からのメッセージを事務局長が代読しました。

高原山麓サミットでは、市川貴大事務局長から、今回の開催趣旨について最初に概説。
その後、見形和久会長のコーディネートのもと、齋藤淳一郎市長、山口孝塩那森林管理署長、坂本安男宮まちづくりネットワーク代表からコメントをいただきました。
齋藤市長からは、地方創生推進交付金の地域間連携で矢板市と塩谷町と共同で取組む意義を強調。
坂本代表からは、①高原山や塩那の木などについて、栃木県の地域産業資源に指定されていないので、ぜひ登録すべきだ、②民間スポンサーの活用、③尚仁沢湧水の活用の工夫などの民間ならではの指摘がありました。
また、会場の質問から、矢板市と塩谷町の環境保全団体をつなぐ横断的な連携の場がないことが明らかとなりました。
「高原山」の素晴らしい自然を次世代に継承していく責務がある事を再確認し、ふるさと「高原山」への思いと「山の日」の意義を共有し、高原山山麓での保全活動を展開し続けて行く事を参加者全員で宣言しました。

また会場ではしおや写真サークル「あそぼ」による高原山の自然に関する写真や船村徹ふるさと会による故船村徹先生の集いでの活動写真等が展示されました。

※動画ダイジェスト版はhttps://youtu.be/1suDCjxcunoをご覧ください。

2019/10/02
【山梨県】広報誌「山梨てくてく」

山梨の魅力を県外に発信する地域PR誌「山梨てくてく」VOL.16が発行しました。

山梨といえば、富士山をはじめとした山々、桃やぶどう、ワイン、ジュエリー、
甲州街道や武田信玄、ほうとう・・・はもちろん、ほかにもこんな山梨あったんだ、
といえる発見や感動を見つけていただけると思います。


山梨てくてくVol.16秋号(令和元年8月1日発行)は「甲斐の山々に魅せられに」という
特集で山梨の山やその恵みを特集しております。


https://www.pref.yamanashi.jp/koucho/tekuteku/vol16.html

2019/09/30
【鳥取県】大山隠岐国立公園の自然・文化・人をテーマとしたフォトコンテスト

環境省大山隠岐国立公園管理事務所では、今年もフォトコンテストを開催し、大山隠岐国立公園の自然、文化、人をテーマとした、季節を問わず国立公園の魅力を伝えるのにふさわしい写真を広く募集します。
あなたも応募してみませんか?

https://www.web-spec.net/daisen-okiphotocon/

2019/09/27
【青森県】百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」開催のご案内

百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」が青森県で開催されます。

「山岳の魅力と危険を考える~日本にも氷河があった~」
 講師: 富山県立山カルデラ砂防博物館 
     学芸課長 飯田 肇 氏

「山スキー・バックカントリーの色々」
 講師: 公益社団法人日本山岳ガイド協会認定
     国際山岳ガイド 佐々木 大輔 氏

映像や資料をまじえて、より安全に登山を行うための知識と心構えについて講演いたします。
ご来場者には、登山に役立つ「安全登山ハンドブック2019」などのアイテムをもれなく
プレゼントいたします。
より楽しく安全な登山にするために、ぜひ会場に足をお運びください。

【百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」青森会場】
日時: 2019年11月1日(金)18:30~20:30(開場18:00) 
場所: ねぶたの家「ワ・ラッセ」
    青森市安方1-1-1 (JR青森駅から徒歩1分)
定員: 先着180名様  事前予約不要(満席の場合はご容赦ください。)
入場: 無料

問合せ先: 八甲田山ガイド協会 
      (担当)浜部 TEL090-7791-6409
       
【主催】公益社団法人日本山岳ガイド協会
http://www.jfmga.com/kokaikoza.html

2019/09/26
PEAKS10月号

PEAKS10月号は、「ロングトレイル」特集です。

スマート山岳道標 MAPS(登山者自動位置確認システム)が
2018年夏に『ぐんま県境稜線トレイル』に設置されました。

・ぐんま県境稜線トレイルの記事がP16~P25まで掲載。
・スマート山岳道標 MAPS(登山者自動位置確認システム)の写真がP25に掲載。
・当会理事 中村達氏(日本ロングトレイル協会代表理事)の記事がP26~P29に掲載。
・九州オルレの記事がP48~P49に掲載。(2020年 第5回「山の日」記念全国大会は大分県で開催)

2019/09/25
登山者自動位置確認システム(MAPS)実証実験について

スマートフォンを活用して登山者の位置を確認するシステム『MAPS(マップス)』は
登山者のスマホと登山道の道標等に設置されたモジュールがブルートゥースで双方向で通信することで登山者の通過情報を記録し、道迷い遭難が発生した場合の迅速な救助につなげるのが狙いで、全国5地域で実証実験中です。
スマホの登山届オンライン提出アプリ『コンパス』を利用して、登山の安全と防災にぜひ活用してみてください。

実証実験地
1 富士山(静岡県) 富士宮ルート モジュールのみ4機  2017年7月から(終了)
2 浅間山(長野県) 火山館ルート モジュール+道標6機  2017年8月から
3 那須岳(栃木県) 高雄口ほか  モジュールのみ4機 モジュール+道標4機  2017年8月から
4 大山(鳥取県)  大山夏山ルート・烏ヶ山 モジュールのみ7機  2018年5月から
5 ぐんま県境稜線トレイル(群馬県)  モジュール+道標7機 道標のみ4本  2018年8月から
6 立山(富山県)  立山周辺   モジュールのみ10機  2019年7月から

2019/09/20
【長野県】「医師と歩く森林セラピーロード」赤沢自然休養林 開催のご案内

長野県木曽郡上松町の赤沢自然休養林は、樹齢300年以上の木曽ひのき天然林。
園内には森林セラピーの認定を受けたセラピーロードをはじめ8つの散策コースがあり、
また木曽森林鉄道が保存運行されています。
今回のイベントは、この赤沢自然休養林で、森林セラピー事業に取り組む医師と
森林セラピーガイドによる説明を受けながら森を散策します。

【イベントの概要】
■開催日程:2019年10月20日(日)
■集合場所:9時30分 赤沢自然休養林
■内  容:森林浴、ストレスチェックなど
■参加費 :3、500円
    (昼食代を含みます。また、別途駐車料金がかかります。)
■申込先
長野県立木曽病院 事務部経営企画課 経営管理係
住 所:〒397-8555長野県木曽郡木曽町福島6613-4
電 話:0264-22-2703
メール:kiso@pref-nagano-hosp.jp
ホームページ:https://kiso-hosp.jp/therapy/

2019/09/20
【長野県】「医師と歩く森林セラピーロードin志賀高原」開催のご案内

志賀高原にて、INFOM森林セラピーイベントが開催されます。
森を楽しみながら心と身体の健康維持・増進、病気の予防を行うことを目指すイベントです。
森林医学会認定医と森林セラピー認定ガイドが同行します。

日  程:2019年10月13日(日) 
場  所:志賀高原 森林セラピーロード「サンシャイントレイル」
参集人員:30名(中学生以上)
参加料金:2,000円(ストレスチェック、セラピー食(昼食)、保険代含む)

【お申込み・お問い合わせ先】
山ノ内町役場 農林課 
電話:0269-33-3112 
FAX:0269-33-1104
Emeil :kouchi-rinmu@town.yamanouchi.lg.jp
http://www.town.yamanouchi.nagano.jp/norin/serapi.html

2019/09/20
【大分県】第10回日本ジオパーク全国大会2019おおいた大会 開催のご案内

第10回ジオパーク全国大会が大分県(大分市・姫島村・豊後大野市)で開催されます。

ジオパーク全国大会では基調講演や分科会、口頭発表のほか、地元や全国のジオパークによる物産ブースや体験コーナーのような一般参加者も楽しめるイベントをご用意します。
全国大会は全国のジオパークに触れることができるまたとない機会です。
是非みなさまお越しください。
https://www.oita-geo2019.jp/

大会名:第10回日本ジオパーク全国大会 2019おおいた大会
開催日時:2019年10月31日(木)~11月5日(火)
会場:大分市、姫島村、豊後大野市

2019/09/14
台風15号通過によって被災した千葉県鋸南町のボランティア募集について

このたびの台風15号の通過により被災した皆様にお見舞い申し上げます。

本年3月の第4回全国「山の日」フォーラムでは千葉県鋸南町の2名の職員にシンポジウムで講演をいただきました。そのご縁で、現地の状況とボランティア受付についてお話を伺って参りました。

【状況】屋根瓦が飛散し天井から漏水する家屋が多数あり、ブルーシートによる補修をしているが、その施工をする専門職の数が不足し、作業中に転落して怪我をする事故が多発している。
倒木により通行に支障のある道路が多数ある。

【鋸南町のボランティア募集について】
鋸南町のボランティア募集は、社会福祉法人 鋸南町社会福祉協議会が窓口となっています。
https://kyonan-shakyo.jp/2019/09/災害ボランティア募集/