今井香子
KyokoImai

書家

  essay  

東京都文京区駒込出身
中央大学文学部文学科ドイツ文学専攻卒業
玉川大学博物館学芸員資格取得

2005年 第1回ソウルビエンナーレ青年作家展招待出品
2006年 ソウル「世界書芸祝祭」現代書部門招待出品
2006年 現日書展大作「森羅万象」出品
2008年 産経国際書会新春展大作「原生林」出品
2010年 二人展「蘇る紙展~森羅万象~」開催 
2011年 和紙絵本展(日本橋めぐりの会主催)参加
2011年 東日本のこども達応援チャリティー色紙展開催
2011年 第一回香書会展開催 以降一年半おきに開催
2013年 「手漉き和紙&紙の新表現」開催出品
2015年 アートライン柏『かしごころ』大作揮毫
2016年 TOKYO-SHO展 現日代表として参加「山川草木」
2017年 第57回現日書展同人特別賞受賞「野付半島にて」
以降、展覧会出品作品の多くを西嶋和紙はじめ和紙で発表
2018年 池坊(生け花)とのコラボ展開催「森羅万象」

*現在 現日会同人 理事
インテリアの書展 同人
成和会会員(牛窪 梧十に師事)
小津文化教室「たのしむ現代書道」講師
「日本橋おとなの書道教室」講師
「日本橋こどもの書道教室」講師
「外国人のための書道教室」講師
香書会主宰

*「山」「自然」をテーマに作品を書き続けています。
また、Tシャツ文字、山用品雑貨文字(登山用品メーカーの商品や山小屋のTシャツ)、本の表紙(岳人の春夏秋号)なども書かせていただき、今後も山と自然に関わることに書文字で書いていきたいと思っています。
その他、生活の中に自由な書文字を取り入れ、書道を身近なものと感じていただくこと、また日本文化の一つである書道を海外の方々に知っていただくこと、楽しんでいただくこと、等々、書道を通して多くの方々と関わっていきたいと思っています。


香書会オフィシャルサイト
http://kaoru-sho.com

今井香子Facebook
https://www.facebook.com/kyoko.imai.33


山の日アンバサダーエッセイ

今井香子

私は山が好き
私は、とにかく山が好きです。
なぜ好きか?という質問には答えが多すぎて、この紙面には収まりそうもありませんが、敢えてまとめて言うなら、山以上(山での景色、匂い、心地良さ、体感、空気、、、)に私を感動させるものが無い!と言うことだと思います。
私は以前(ちょうどバブル期)、印象派の作品を扱うギャラリーに勤め、また自分自身でも海外含め多くの作品を観てきました。それでも、山での体験、山から望む景色より感動することはありませんでした。山の優しさ、素晴らしさ、偉大さは、どんな名品にも負けません。
私は、書家であり、また書道を教え、未だ書道を習っています。
山と同じく、書道も好きです。
その両方を好きな私は、山に登ってはその感動を書に託しています。
雲ノ平から三俣蓮華、黒部の源流への道のりや、南八ヶ岳の稜線の乾いた空気や、槍の肩のテン場で見た星や、北岳のお花畑、鳳凰三山の青空や、蝶ヶ岳からの穂高連峰、冬の北八ヶ岳のスノーシューや、白馬でのスノーキャンプ、横殴りの雪や、晴れの日のダイヤモンドダスト、雪を走る獣の足跡、、、言葉は次から次へと溢れ出て、この気持ちを書に託すことで、山での感動を2度味わっています。
そして、「山の日アンバサダー」として私が出来ること、、、山のことを書で表現し、沢山の人に山のことを知っていただくことだと感じています。
その一つとして、昨年より何度か、山の日の歌「山はふるさと」を書かせていただいております。ご覧いただければ幸いです。
これからも、山のこと、自然のこと、沢山表現していきます。

※西嶋和紙工房さんの和紙の裏側に書いた作品です。
本来は、楮(こうぞ)が原料の手漉き和紙なので、滲みは出ない難しい和紙です。
表面は鮮明な線ですが、裏の滲みが物凄い素敵でムードが出ます。
中心には「月星」の象形文字を書いてはめ込みました。

香書会オフィシャルサイト http://kaoru-sho.com
山の日アンバサダー https://www.yamanohi.net/ambassador.php