吉井省一:: 山の日アンバサダー::全国山の日協議会公式サイト

閉じる

ホーム

  •   
  •   

閉じる

山の日アンバサダー

山の日アンバサダー

吉井省一

作詞家

略歴

1960年、千葉県生まれ。幼少期より父の転勤で、秋田、長野、山形、栃木に住む。いずれも山国だったが、特に長野県伊那小学校在学時、中央アルプスと南アルプスに抱かれた環境で過ごしたことが、山への熱い想いの原点となっている。
大学卒業後、広告代理店に勤務しながら、糸井重里氏よりコピーならびにCM制作の教えを受ける。
各種広告賞を受賞後、1997年に作詞家としてデビュー。
スーパー戦隊シリーズ「タイムレンジャー」のエンディングテーマ「時の彼方へ」、劇場版どうぶつの森主題歌「森へ行こう(大貫妙子)」、「粋な下町恋の街(氷川きよし)」などを作詞。
「山の日」制定記念曲に一般公募し、1815点の作品の中から「山はふるさと」が最優秀賞に選ばれる。
日本作詩家協会会員、日本音楽著作家連合会員、日本音楽著作権協会会員。

「山の日」制定記念曲 「山はふるさと」 https://www.yamanohi.net/report.php?id=1158
歌手:加藤登紀子
作詞:吉井省一
作曲:都倉俊一  

山はわたしに教えてくれる 森の緑のやさしさを
山はみんなに話してくれる 強く生きてく喜びを
街の暮らしを遠く見て きらめく風の子になろう
夢のつぼみを咲かせた花に 微笑みかけて 歩こうよ
山はふるさと 山は父 「よく来た」の声 こだまする

誰がつくったものでもないし 誰のものでもないけれど
山はみんなをつつんでくれる 愛も涙もその胸で
時代(とき)の流れにはぐれたら かがやく星の子になろう
天空(そら)が奏でる星座の歌に 明日(あす)へのちから もらおうよ
山はふるさと 山は母 「おかえり」の声 呼んでいる

山はふるさと 山は父 「よく来た」の声 こだまする

関連記事