なすび
Nasubi

俳優、タレント

本名: 浜津智明
1975年8月3日生まれ。福島県出身。
1998年〜1999年、日本テレビ系『進ぬ! 電波少年』内の企画“電波少年的懸賞生活”で一躍注目を浴び、本格的に芸能界デビュー。
元々は俳優志望だった事も有り、2002年に脚本・演出・出演を務めるプロデュース公演“なす我儘”を旗揚げし、舞台を中心に、テレビに映画にと、活動の幅を広げ、2012年からは劇団丸福ボンバーズに所属。
2011年3月11日の東日本大震災以降、地元福島県の復興と再生を願う応援活動も精力的に続けており、2011年8月には四国八十八か所お遍路を結願させ、登山未経験ながらも福島に元気と勇気、夢と希望をと世界最高峰のエベレスト登頂を目指す“なすびのエベチャレ”を2013年より敢行。
2013年は体力の限界と天候の悪化で断念、2014年はアイスフォールで起きた大規模な雪崩事故で登山中止、2015年はネパール全土を襲った大地震の影響により登山の続行が不可能な状況となる等、三度とも登頂に失敗。
それでも諦めずに挑戦を続け、2016年5月19日、四度目の挑戦でエベレスト登頂を果たす。
2015年11月〜2016年3月の四か月間(実質44日間)で、青森県八戸市から福島県相馬市迄の、東日本大震災の被災地沿岸部に設定されたロングトレイルルート“みちのく潮風トレイル”の全長約900kmを踏破。
現在、あったかふくしま観光交流大使としても活動中。
平成27年度4月〜6月の【ふくしまデスティネーションキャンペーン】けんぽく応援団長にも就任。

「山の日」2020 応援メッセージ 8110087

今年は特例で昨日が山の日でしたが、例年の山の日は8月11日という事で、今年の登山の思い出を投稿致します!
新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、登山自体も、これ迄とは違う、新しい登山様式が掲げられ、様々な取り組みもなされております。
山の日アンバサダーの私も、このコロナ禍の中で、山には行けておりませんが、1月の赤岳、2月の安達太良山、6月の西大顚と西吾妻山の時の画像を眺めつつ、山の日に想いを馳せたいと存じます。