『子供たちへのメッセージ2017』     子供の頃から自然が大好きで、よく秩父の山へ登りに行っていました。 山の緑や土の香り、あの澄んだ美味しい空気を胸いっぱいに吸い込むと、とにかく身も心も弾んで、元気が出てくるのです。 苦しい登りを乗り越えて山頂に到達し、素晴らしい山々の景色を眺められた時の達成感はまた格別でした。 山は、楽しいことも、苦しいことも、また助け合うことも、危険が潜んでいることも、みんな教えてくれます。 大きい山、小さい山、身近な山へどんどん登って、自分なりの楽しみ方を是非見つけてみて下さい。 そして、山で五感をはたらかせ、身体いっぱいに感じてみて下さい。 きっとこれからの人生がより豊かなものとなり、一回りも二回りも自分を大きく成長させてくれることと思います。 さあ、みんなで山へ登りましょう!                 2017年 夏 山の日アンバサダー 小林綾子
小林綾子AyakoKobayashi
女優

1972年8月11日(「山の日」)生まれ、東京都出身。
1983年、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」でヒロインの子 ども時代を好演し、おしんブームを巻き起こす。
その後「渡る世間は鬼ばかり」や「剣客商売」などのドラマのほか、映 画、舞台、バラエティ情報番組など現在も幅広く活躍中。
登山は子供の頃からの趣味で、今でもライフワークとして続けている。

写真提供:カメラマン安友康博氏