『子供たちへのメッセージ2017』      私は子どものころから山登りが大好きでした。それは山からの広い景色を見たかったからです。そして、山から山を眺め、次はこの山へ登ろう、その次はあの山へ登ろうと目標を立て、いろいろな山へ行きました。         子どもの時はすんなり登れた山なんてひとつもありませんでした。目指す山頂が遠すぎて「もうだめだ。帰りたい」と思ったことも何度もあるし、雨に濡れて「どうしてこんなことをしているのだろう」とみじめに思ったこともあります。でも、そんなときでもあきらめず目標を持ち続ければ、その地味な一歩一歩の積み重ねで、いつかは必ず山頂に立てることを知りました。そうして登った山での経験は、自分のなかで自信となり、今でも私を支えてくれています。                    身近にいる大人たちと、山へ、自然の中へ出かけてみてください。そこで覚えたこと、感動したこと、見た景色、つらかった経験さえも、きっとこの先、役に立つことでしょう。    山はみんなが来るのを待っています。         2017年 夏 山の日アンバサダー 小林千穂
小林千穂ChihoKobayashi
山岳ライター

8月11日(「山の日」)生まれ。

父の影響で、子どものころから山に親しみ、里山歩きから雪山、海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。
山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、現在はフリーのライター・編集者として活動している。
『山と溪谷』『ワンダーフォーゲル』など登山専門誌に多数寄稿。
著者に『失敗しない山登り』(講談社)、『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)などがある。
日本山岳ガイド協会認定登山ガイド。

小林千穂facebook
https://www.facebook.com/chihokobayashi811/

小林千穂ブログ「山でわくわく」
http://ameblo.jp/chihokobayashi/